<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

世界中からショコラティエが集う年に1度のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ パリ ④

Bonjour コマメです :)


Salon du Chocolat Paris 2017、

小豆が購入したものチョコレート編第2弾!!





ショコラ編第1弾はこちら*





今回のサロンドゥショコラには
すでに有名なショコラティエはもちろん、若手で勢いのあるお店や世界各国の新しいショコラ、
そして日本からも本当にたくさんのショコラティエが集結していましたが


すでにビックネームのショコラティエさんの中で
小豆がどうしても食べてみたかったのが



Jean-Charles Rochoux!!


三ツ星レストランのGuy Savoy(ギィ・サヴォワ)でシェフパティシエを務めたロシューさん。

2004年に自分のショコラティエをオープンさせて以来、フランスではもちろん、
日本のガイドブックなどにも多く取り上げられるビックシェフです。




購入したのは生チョコ!

定番でシンプル、でも驚くほどなめらかで優しい生チョコでした。。


さすがのひと言に尽きます、、!





ジャン=シャルル・ロシューさんのブースには
定番なものから桜の花をあしらったものまで、

たくさんのタブレットも並べられていました!





そしてちっちゃい生チョコ一個購入しただけの私にも、キラキラの高級感あふれる紙袋に入れてくれて
感激でした(笑)








そしてこちらもずっと気になっていたパティスリー




Cyril Lignac


フレンチ料理界出身のイケメンシェフとしてメディアにも引っ張りだこの
パリで大人気なシリルさん。


フランスの大女優とスキャンダルが報道されたり
何かと話題の人でもあります(笑)




シリルさんのブースではchocolat chautも販売していました!


ショコラ・ショーとはフランス語でホットチョコレート
要するにココアなのですが

お店によってスパイスやチョコレートの濃さの配合が様々だったり、
飲み比べても面白いです*



友達が買ってたので一口もらいましたが
甘すぎず優しいショコラ・ショーでむっちゃ好みでした!!




私がこの日購入したのはショコラ・バー◎


チョコレートでコーティングされた中にビスケット、そしてキャラメルがたーーーっぷり入っています。





タブレットも各種ありました*


キャラメル入りやナッツ入り、産地別のタブレットなどもあり、
購入した友達が超美味しかったと絶賛していたので

私もまた購入してみようと思います!






<スポンサーリンク>





そして今回世界中からショコラティエが集まるイベントということで

せっかくなので普段はパリでも日本でも買えないチョコを、と思い
こちらをチョイス◎




Mendoaという
ブラジルから来られていたショコラティエ


試食で70%のビターをいただいたのですが

後味のカカオの苦さの残りが強くて
ちょっと私には苦手なくらいでした。。泣





なのでカカオ50%のミルクチョコレートと、60%のココナッツとカフェの
ミニタブレットを選びました♩



ちょっと苦味のあるカカオの風味はフランスや日本ではなかなか出会わない感じで

ちょっとサクッと歯応えのあるココナッツが特にお気に入りでした〜





タブレットに印刷されたロゴも可愛い*




そしてこちらはいただいたもの◎




日本から来られていたショコラティエ
esquisse cinqさんの
オランジェット・サンショウ♩


ちょっと強めの苦味のあるオランジェットとショコラ、
ほのかな山椒の香りが大人なショコラでした、、!




サロン・ドゥ・ショコラ ケーキ編はとちら*





それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

スイーツ好きの間でも話題の新鋭パティスリー、KLパティスリー。

Bonjour コマメです :)



毎年多くのパティスリーがオープンし、
美味しいお店がひしめき合う

スイーツ激選区パリ。


そんな中でも新規オープンしたパティスリーの当たり年と言われる2016年。


小豆も大好きなヤン・クヴルーや、
サロン・ドゥ・ショコラ パリでようやく味見出来たキャラメル・パリなども2016年オープン。


確かに当たり年と言われるくらいのラインナップですが

そんな2016年の10月にオープンしたモダンな雰囲気のパティスリー



KL Patisserie





星付きレストランで修行を積まれた
ケヴィン・ラコットさんのお店です*


お店の名前のKLは、ケヴィンさんのお名前の頭文字。



こちらも間違いなく美味しいという噂はよく聞いていたのですが、
ようやくお店に伺うことが出来ましたーー♩嬉



外からも見えるようにディスプレイがあり
お店に入る前からわくわく、、!



オランジェットの乗ったフィナンシェも気になる。。




季節柄、ビュッシュ・ドゥ・ノエルの広告も貼られていました!








ショーケースに並ぶケーキたちは、
どちらかというとシンプルめ、かつ洗練されたモダンな印象。



サントノーレやミルフィーユも定番の形なのですが、
すごく丁寧に作られているのがよかわかります!




ケーキのショーケースの奥には焼き菓子やジャム、ヴィエノワズリーなどが
スタイリッシュに置かれています*




店内には広くはないですが落ち着いた雰囲気のサロン・ド・テが併設されています◎





外から見えるウィンドウのディスプレイがノエル仕様で素敵*




壁にかけられた現代アートな絵がオシャレ、、!








今回もまた安定に悩みに悩みましたが笑

選んだのはこちらー☆




A NANA


パイナップルを使ったチーズケーキです*



ケーキの名前はアナナと読みますが


パイナップルはフランス語でananas、アナナと読むのと

À という前置詞は英語のtoにあたるので、あえてA NANAと間を開けて表記する事で
to NANA、のような
"ナナヘ"という隠れたメッセージもかけているかのように想像させる


フランス人らしいちょっとひねったオシャレなネーミング、、!


もしかしたら本当にどこかのナナさんへ作られたケーキかもしれない可能性もあるかもしれないですね。。♡笑





割ってみると中には果肉たっぷりのパイナップルジュレがぎっしりでした!


外側はチーズムースでしたが
ホワイトチョコを組み合わせる事でパイナップルの甘さとすごくよく合っていて

むちゃくちゃ美味しい。。




友達はこちらの



Pomme Solognote


Pommeはフランス語でりんご、Solognoteはソローニュという地方の名前です◎


甘すぎない爽やかな風味でキャラメリゼされたりんごのタルト、
タルト生地もしっかりめの食感で
大きい果肉のりんごととてもバランスの良い組み合わせ。。



全部のケーキを食べてみたくなるくらい、丁寧に洗練された印象のケーキたちでした!






ゆったりとしたソファーに座って、優雅なティータイム♩


メトロ3番線のWagramという駅を出てすぐなので、
ちょっと時間があるときにすごくオススメしたいパティスリーです♩




KL patisserie
78, avenue de Villiers 75017

営業時間
月曜〜金曜 8:30〜19:00 L.O
土曜 9:30〜19:30 L.O
日曜 10:00〜15:30 L.O
定休なし


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

地元民に愛される街のパン屋さん、大好きな絶品シューケットのオ・デリス・ドゥ・パリ。

Bonjour コマメです :)


パリには有名なパン屋さん、コンクールで賞を取っている大きなお店もたくさんありますが

入賞歴など何もなくても
地元の人に愛されるむっちゃ美味しいお店もたくさんあります*



そんなお店のひとつ、


Au deice de Paris





メトロ1番線と8番線、
Reuilly Diderot駅を出てすぐの交差点にあります◎



友達の家が近くて、
その友達のお家に行く時は必ずと言って良いほど寄っている

小豆のお気に入りのお店です♩





お店の入り口に並ぶカラフルなホールケーキたち。




店内はそれほど大きいわけではないのですが、
パンやケーキ、サンドイッチにお惣菜パン、いろんな焼き菓子と

どれもとても種類豊富です!








フルーツたっぷりで美味しそうなケーキたち、、!




フランスのパン屋さんではよく見かける定番お菓子のフランも
ショコラやピスターシュ、アプリコットなどいっぱい種類があります。


フランにこんなに種類があるのは他のパン屋さんでは見たことないかもしれない。。





ここのお店はサンドイッチも種類がかなり豊富なのもお気に入りのポイント♩





この日は午後に伺ったのでもう少なくなっていましたが、

お昼前にはケーキが並ぶショーケースの上に、こぼれ落ちそうなくらいたくさんサンドイッチが積まれています◎




そしてサンドイッチだけでなく

チーズ入りやハム、オリーブなどが入ったお惣菜パンも種類がたくさん、、!






こちらはクッキーやガレット、フィナンシェなどのショーケース。





そしてヴィエノワズリー、パウンドケーキにドーナツなども本当にたくさんです!






<スポンサーリンク>




本当にたくさんの種類がある中で
特に小豆のお気に入りがこちら!





シューケット!!


こちらもフランス、特にパリでは定番のお菓子。


シュークリームの皮に、あられ糖という大粒のお砂糖がまぶされた

サクサクカリカリ、軽いおやつです♩






定番のシューケットは指先でちょこんとつまめるような、小さいサイズなのですが
こちらのシューケットは手のひらいっぱいになるくらいどどーんと大きい!


普通の2倍以上の大きさです、、!




シュー生地の部分も分厚め、サクッとした歯応えがしっかりしていて

程よい塩気とあられ糖の甘さでどんどんどんどん止まらなくなります。笑






またこちらのお店は
店員さんたちもとってもフレンドリー*



最初に私がお邪魔した時、レジのお姉さんにボンジュ〜!と挨拶すると、

間髪入れずに
あらアナタ良い笑顔ねー!!と
さらに良い笑顔で返してくれました(笑)





そしてただでさえこんなに種類が豊富なのに、
行くたびに違う新商品やその日のおすすめがレジ横に並んでいます。




街の人に愛される、昔ながらのあったかい雰囲気がとても素敵なブーランジェリーです♩




Au deice de Paris
33 RUE DE REUILLY
75012 PARIS

営業時間
毎日 6:30〜21:00
定休なし



それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

世界中からショコラティエが集う、年に1度のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ パリ。③

Bonjour コマメです :)



Salon du Chocolat Paris 2017で購入したものたち、ショコラ編!





どこを見てもショコラだらけの会場で、買いたいものをピックアップするのはとても大変でしたが笑

試食などもいただいて気になったショコラ、
気になっていたショコラティエをいくつか購入することができました♩




ちなみにケーキ編はこちら*






たーーーくさんあるショコラたちのなかでまず選んだのは



Franck Kestner


2004年に27歳の若さでMOFを取得した
フランク・ケストナーさんのショコラティエです。


2016年の東京のサロン・デュ・ショコラにも出展し、日本でも少しずつ知名度は上がっているそう◎






ブースにもどーんとMeilleur Ouvrier de France(M.O.F)の文字が。


会場内にもケストナーさんの"K"の文字が大きく書かれた袋を持っているお客さんをたくさん見かけました!




チョコレートとケーキで作られたオブジェの写真。


最近はパティシエのワールドカップなどでも
チョコレートやケーキで芸術作品のようなアートの製造が主流になりつつあります。。

食べ物なので賛否両論はありますが笑、単純にここまで出来る発想力と技術はすごい。





箱入りのショコラを買いたい所でしたが、他にもたくさん味見したかったので笑
今回は4つだけ購入◎


小さい袋に入れてもらいました♩



ガナッシュ自体にオレンジの皮の風味がするものや、
駄菓子にあったようなパチパチ弾ける粒(名前がわからない、、!笑)が入ったものなど

アイディアも面白いけど
ショコラとしてチョコレート自体が本当に滑らかで本当に美味しい。。


絶対美味しいだろうなー、とは思っていましたが
その想像以上に満足なショコラたちでした!









そして試食をもらってむっちゃ美味しくて即購入したこちら!



Benoit Chocolats

Caramandes



こちらは2014年にC.C.Cでは金賞にあたる「A croquer a la folie」という賞を受賞されたアンヌ・ブノワさんのお店です。



ちなみにC.C.Cとは*


Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)というチョコレート愛好家による会で、

毎年その会に出品されたチョコレートをフランス在住の審査員の方たちがテイスティング
様々な賞やランキングをつけられています。



毎年パリのサロン・デュ・ショコラ
C.C.Cのアワードの発表の場にもなっていて、
C.C.Cのガイドブックはチョコレートのミシュランとも呼ばれています*




実はこちらのショコラティエ
私も今回のサロン・デュ・ショコラで見つけるまで知らなかったお店なのですが、

こちらのスペシャリテは今回購入したこのCaramandesだそう。




アーモンドスライスをキャメリゼして固め、三角の形にしたものに
チョコレートをコーティングしたこちらのキャラマンド。



コーティングされているチョコレートはミルクとビターの2種類ありましたが、
今回はビターを購入!






塩バターとキャラメリゼされたアーモンドスライスは甘すぎなく、
塩バターがチョコレートとすごくマッチしていて、

日本ではなかなか出会わない風味のショコラやなーと思いました!






<スポンサーリンク>





そしてこれは最初から絶対買うー!と決めていた




HUGO & VICTOR!!


ずっと気になっていてなかなか伺えていないお店だったので
念願でした♩




惑星型のショコラの中には、フルーツジュースのキャメルが入っています◎


外のショコラをかじると中身がサラッと流れ出てくるほど
キャラメルよりもジュースに近いくらいリキッド状でした!


優しい甘さで、ふわっと香るフルーツの風味が上品。





そして何よりこの本のような見た目の箱が可愛いすぎる、、!


こちらのショコラは日本でも通販で購入出来るようです*





サロン・デュ・ショコラで購入したものたちショコラ編、

ショコラ愛が強すぎて(笑)
思ったより長くなってしまったので。。笑

ショコラ編②へ続きます!笑





それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

今年で創業335年、クラシカル好きにはぜひオススメしたいパリの老舗パティスリー、ダロワイヨ。

Bonjour コマメです :)


このブログでもすでに書いたことのある
パリの老舗パティスリー


DALLOYAU



1682年創業、数あるパリのパティスリーのなかでも
歴史ある老舗店です。



先日友達が日本から来ていて
フランスらしいクラシカルなケーキが食べたいとのリクエストだったので

こちらのパティスリーにお邪魔しました♩



今回はバスティーユの店舗へ。
メトロ1番、5番、8番線が交差するバスティーユ駅、
駅の真上に観光地としても有名なバスティーユ広場があり

そのすぐ近くにお店があります◎




店内のサロン・ド・テ



こちらもリュクサンブールの店舗同様落ち着いた雰囲気*

平日の夕方でしたが1人カフェを楽しむお客さんが数人居ただけでした。





店内には可愛いマカロンタワーのディスプレイも!

散らされたお花がおしゃれ♩








ダロワイヨではケーキだけではなく、
Traiteur(トレテュール)という、サンドイッチやお惣菜などの軽食も扱っています。



キッシュやサンドイッチ。


店内で食べるのはもちろん、テイクアウトで購入することも出来ます◎



野菜やスモークサーモンなどのお惣菜はもちろん、お魚料理やお肉料理、
ココットに入ったグラタンなど
種類も豊富でした!





そしてその隣にはケーキのショーウィンドウ*




私はこの日はミルフィーユを食べる!ともともと心に決めて行ったので笑、

このショーウィンドウを見た時
ラスト1個や!!!ってなりました。笑





<スポンサーリンク>




この日は最初の狙い通り、チョイスはMille-Feuille



楕円形の形が珍しいこちらのミルフィーユ、
写真を見た時から気になっていたので念願のケーキでした♩嬉


ダロワイヨらしいクラシカルな定番ミルフィーユ、

サクサクのパイ生地と甘すぎないバニラビーンズたっぷりのクリームが美味しい!





そして友達のチョイスはTonka

トンカとはチョコレートととても相性の良いマメ科の植物。


ジャンポールエヴァンでも同じ名前のケーキがあったように、
チョコレートケーキやボンボンショコラによく使われます◎




カリッと歯ごたえのあるトンカ豆の風味と、濃厚なチョコレートが抜群の相性でした、、!





紅茶と共に、ゆったり優雅なティータイム♩


日本にもいくつか店舗があるダロワイヨ、クラシカルなケーキが好きな方にはぜひオススメしたいパティスリーです◎




Dalloyau(バスティーユ店)
5 boulevard Beaumarchais
75004 Paris

営業時間
毎日 10:00〜20:00
定休なし




それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

世界中からショコラティエが集う、年に1度のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ パリ。②

Bonjour コマメです :)


先月10月28日〜11月1日の5日間、
パリで行われたサロン・デュ・ショコラ、パリ。




気になるショコラティエ、買いたいショコラは本当にたくさんあったのですが

その中で小豆が今回実際に購入したものたちについて、
ケーキ編!!




まずは

Laurent Duchêne!!


出展されていたたくさんのショコラティエの中でも、小豆が最も食いついたこちらのケーキのショーケース。




見た目判断で、
今回出展してるショコラティエの中でケーキ類はココが1番惹かれました、、!




どれもキラキラで美味しそう。。

また選ぶのにむちゃくちゃ迷いましたが笑


悩みに悩んでチョイスしたのがこちら*





VANILLAという名前の、バニラ風味のホワイトチョコレートのケーキ。


ほのかに香るライムが爽やかな
甘いホワイトチョコレートのムースがむっちゃ美味しい、、!



底にキャラメリゼされたナッツが敷かれていて
食感も味にもすごく良いアクセントになっていました!






<スポンサーリンク>




そしてもうひとつ♩




Karamel Paris


2016年の12月にオープンしたばかりのこちらのパティスリー。

パリでも話題になっていたのでずっと気になっていたお店でした!



キャラメルそのものはもちろん、
チョコレートやケーキ、タルトなど全ての商品にキャラメルを使用しているキャラメル推しのお店です◎



バー状に小包装された大きなキャラメルも4種類!

他にも小さなキャラメルが箱に詰め合わせになっているものなどもありました♩




こちらはキャラメルをたっぷり練りこんだヴィエノワズリー、
Kararolls。


コレも美味しそうで気になったのですが、、
今回はこちらをチョイス!





Dark Swan!♡


キャラメル・パリでは、竹炭入りのブラック・スワン
パッションフルーツのゴールド・スワンなど

この白鳥型のスワン・コレクション、たくさんバリエーションがあります。


今回のサロン・デュ・ショコラにはこちらのダーク・スワンが出品されていました*




スワンの首の部分と土台はシュー生地で作られており、
中心部にはトンカ豆が入ったキャラメル、胴体部分は濃厚なムース・オ・ショコラとなっています。


むーーーっちゃ甘くてどっしり濃厚。笑

甘ーーーい物が食べたいときにぴったりな重さでした。笑








他にも眠っているキツネさんシリーズを出品されていたYann Couvreur



注文後にクリームをたーーーっぷり盛り付けてくれるババ・オ・ラムが人気だったStohrerなど



味見したかったケーキはたくさん、、!



そして、
今回購入出来なかった中ですごくすごく気になったパティスリー






Les Belles Envies




並べられたケーキ達もキラキラ美味しそうで、
ブース前を通りかかった時にいただいた試食が美味しくて印象に残ったのです◎





しかも普通のクラシカルな作りのケーキに比べて
カロリー40%オフ、糖質60%カット、鉄分が多く白砂糖不使用など、

女子に嬉しいこだわり(笑)で作られているそう。。


こちらはパリ市内に店舗があるようなので、
またお店の方に伺ってみたいと思います!*



次はサロン・デュ・ショコラで購入したものたち、ショコラ編を書いていこうと思います◎




それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ

華やかなケーキ、お菓子も人気。街のパン屋さん、ブーランジェリーBO。

Bonjour コマメです :)


先日近くに行く用事があったので
気になっていたパン屋さんへ少し寄り道*



Boulangerie BO



元会計士のブノワさんとパティシエのオリヴィエさんのお二人でオープンされたブーランジェリー

BOという名前は2人の名前の頭文字を取って名付けられたそう◎



2014年にもともとパン屋さんだった建物を買い取り、ブーランジェリー・ボーとしてオープンしたこちら、

ヨーロッパのレトロ感溢れる建物も可愛いです!






オリヴィエさんはパリの3大デパートの中でも特に食品に特化したボンマルシェの食品館、
グランド・エピスリーを経て

パリの老舗パティスリーであるストレー、

フレンチ料理界の巨匠、アラン・デュカス氏の日本にあるレストラン
「ベージュ アラン・デュカス 東京」で働かれた経験のあるパティシエさん。




そのためにこちらのお店には
見た目から街のよくあるパン屋さんとは一味違った、目を引くケーキたちが並んでいます*





有名パティスリーで並んでいてもおかしくないくらいのケーキたちが、
街のパン屋さん価格で買えるのが嬉しいところ♡





ケーキに使う素材も

バニラはピエール・エルメと同じ仕入先のものや、
バターはシャラント産のものを使うなど

こだわりを持って選ばれているそうです!





<スポンサーリンク>





ケーキやパン以外にも
素朴な雰囲気のクッキー、



ブラウニーやパウンドケーキなど

焼き菓子も豊富です♩




ブリオッシュもナチュールだけでなくショコラやプラリネなど
いろんな種類があってとても気になりました、、!




逆にお惣菜系のパンは少なめでサンドイッチなどもありませんでしたが、
ピザやキッシュなどはその場で温めてくれます♩





甘い系のパンの種類はやっぱり豊富*

むしろ定番の普通のクロワッサンを置いていないのには逆に驚き。





クッキーもたくさん♩


こちらにはイカ墨のバゲットはカンパーニュ系のパンもナッツ入り、レーズン入り、イチジク入りなど
いっぱい面白そうなパンがあったのですが

途中で携帯の充電が切れてバゲット系の写真は1枚も取れず、、!泣


携帯、買い替えどきかなぁ。笑








この日は用事へ向かう前のお昼ご飯のつもりだったので
まずはキッシュを購入♩
(サンドイッチなかったのは実は予想外笑)




お野菜のキッシュ

思ったより野菜がゴロゴロ入っていて
卵液はトロトロ柔らかい!


レンジで温めてもらったので、下のタルト生地がしんなりしてしまったのが残念でしたが
とても満足感のあるキッシュでした◎





そしてディアモン・バニーユというサブレ!



友達のお家に伺う予定だったのでちょっとした手土産に◎


見た目、手作りしたような素朴感なのですが笑
これがむっちゃ美味しかった、、!


バニラビーンズたーーーっぷり、
サックサクで、しっかりめの塩が良いアクセントになってました!



このレシピ知りたい!ってなりました笑




そして1番のお目当てはこちら!




クロワッサン・ショコラ・フランボワーズ。




ピンクの生地が織り込んであって
見た目もインスタ映え(笑)な可愛らしさ!



パリッとしたしっかり目の食感に、ほのかな甘さと酸味のフランボワーズが美味しかったです。




パンを入れてくれる袋もレトロな雰囲気のパン屋さん、

パリの街に昔から馴染む可愛い感じが素敵でした*





Boulangerie BO
85bis rue de Charenton
75012 Paris

営業時間
木曜〜火曜 7:00〜20:00
水曜定休


クロワッサン・ショコラ・フランボワーズ 1.8ユーロ
野菜のキッシュ 3.8ユーロ
ディアモン・サブレ 5ユーロ
etc..



それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



海外食べ歩きランキングへ