<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

大注目の新星パティスリー、ヤン・クヴルー。

Bonjour コマメです :)


数々の有名ホテルでパティシエとして働かれ、1年前に自分のお店をオープンさせた

Yann Couvreur


1号店は去年10区に出来たところなのですが、
今年の6月末にさっそく2号店をオープンされています。


2号店はマレ地区の観光地ど真ん中という、
とても勢いのある今話題のパティスリーです。


写真は2号店、マレ地区のお店*



1号店も2号店もお店は木を使ったナチュラルな雰囲気で作られています♩



どちらもサロン・ド・テが併設されていて、

ケーキはもちろん、ヴィエノワズリー、サラダやサンドイッチなどの軽食、
朝食やブランチなどを食べることができます。



私はまだ店舗でいただいたことはないのですが、

先日偶然知り合いからケーキをいただいて味見することが出来ました!


ケーキの箱はお店同様ナチュラルテイスト*

水色が爽やかで可愛いです♩




<スポンサーリンク>




いただいたケーキは

tarte au citron

レモンのタルトです♡


ヤン・クヴルーさんのタルト・オ・シトロンは
タルト生地に敷いたレモンカスタードの上に、さらにレモンのクリームとメレンゲを交互に絞り出した独特な形。

レモンの黄色とメレンゲの白が可愛い色合い。



味は、レモンの酸味が想像以上にがっつり!


ガツンと酸っぱいけどカスタードの優しい甘さも印象的で、メレンゲとすごく良い相性◎


夏にぴったりな、キュンとするタルト・オ・シトロンでした!笑


次はぜひサロン・ド・テに行ってみたいなーと思います*


Yann Couvreur
137 avenue parmentier
75010 Paris

営業時間
毎日 8:00〜20:00
定休なし


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

宝石のようにキラキラしたエクレア専門店、エクレール・ドゥ・ジェニ。

Bonjour コマメです :)


2012年に、元フォションのシェフパティシエだったクリストフ・アダンがオープンさせたエクレアとトリュフ専門店

L'Éclaire de génie


エクレアはフランスでは定番のお菓子ですが、
普通は見た目も細長いシュー生地にチョコレートがかかっているシンプルな形。


味もカフェやショコラくらいのバリエーションで定着していたものを、

クリストフ・アダンがフォション時代にどんどん進化させ、人気と話題を集め

そしてついにエクレアとトリュフ専門としてオープンしたのがこのお店になるそうです。



今ではパリに5店舗、日本にも進出している人気店です*



写真は1番最近に出来た、モンマルトルの丘の麓にできたルピック店。


1号店はマレ地区にある店舗なのですが、このモンマルトル店にはパリの店舗で唯一サロン・ド・テが併設されています*


そしてマレ地区の店舗などより知名度がまだそんなに上がっていないせいか?わりといつも空いているのですごくゆったり過ごせます、、!

ひとりカフェで行くなら、小豆の1番くらいのお気に入りの場所かもしれません(笑)





<スポンサーリンク>



エクレール・ドゥ・ジェニのエクレア達は
見た瞬間テンションが跳ね上がるくらい、本当にキラキラ

美しくて、可愛い、、、


見た目も普通のエクレアとは全然違ってますが、
種類もピスタチオやココナッツ、パッションフルーツなど変わった味がたくさんあります♩


今はいろんなパティスリーが美しい見た目や、変わった味のエクレアをどんどん作り出していますが

そんなエクレアブームの火付け役はこのエクレール・ドゥ・ジェニなのだそう◎




サロン・ド・テではエクレアと一緒にカフェや紅茶もいただけるのですが

こちらのお茶はパリで有名な紅茶ブランド、KUSUMI TEAが置いてあります!


紅茶好きな私には本当に嬉しい。笑



日本にも高島屋の中にいくつか店舗があるようなので、
キラキラで贅沢なエクレア、ぜひオススメです*


L'Éclaire de génie(ルピック店)
31 rue lepic
75018 Paris

営業時間
月曜〜金曜 12:00〜19:30
土曜、日曜 10:00〜19:30
定休なし

それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

オペラ座すぐ近くの好立地、半年前にオープンしたばかりのパティスリー。

Bonjour コマメです :)


パリの目玉観光地の1つ、オペラ座ガルニエ宮

ルーブル美術館にも歩いて行ける距離にあるので、観光客はもちろんたくさんの方が訪れる場所だと思うのですが


そのガルニエ宮のすぐ近くに2016年11月にオープンした新しいパティスリー

Casse Noisette



パリで最も歴史の古いパティスリー、stohlerで働かれていたジェフリー・カーニュさんが独立されたお店です。

ジェフリー・カーニュさんはストレーの他にもパスカル・カフェ、セバスチャン・ゴダールなど有名店で働かれていた経歴があるそう◎


ちなみにお店の名前のCasse Noisetteとは、有名なバレエの演目「くるみ割り人形」のフランス語名です*



店内入るとすぐパンが並ぶショーケース、その向かいにケーキ類、
そして奥にはキッシュやサラダなど軽食もたくさん置かれています。


ケーキ類も美味しそうなのですが、

少し残念だなと思うのはいつもケーキ類のショーケースの裏側にかなり水滴がついていて、、

素人ながら温度管理とかの問題なのかな????と
勝手に心配になってしまいます笑



店内の2階にはサロン・ド・テが併設されており

こちらでは商品を選んでお会計を済ませてから
自分で持って2階に上がるカジュアルなスタイル。





<スポンサーリンク>



この日は、友達とそれぞれケーキと、私はお腹空いてたのでクロワッサンも購入しました♩笑


私のチョイスはこちら!


cannelé souprise

日本語で「驚きのカヌレ」という意味です◎



カヌレとはそもそも、卵黄とバターを使って焼き上げる
もっちりしたボルドー地方の特産のお菓子なのですが、

こちらはそのカヌレの形にチョコレートを形取って作られているケーキです。


中身はこんな感じ。

ホワイトチョコのムースとキャラメルのソースが入っていました!


光沢のあるカヌレの形のケーキは、
見た目は確かに「驚き」なのですが、

味は良い意味で驚きはない感じ。笑


ホワイトチョコとキャラメルが優しくて、ある意味素朴ささえ感じるケーキでした*



そして友達のチョイスは

苺のミルフィー


こちらもどちらかというと素朴な印象はカヌレと同様、
生クリームと苺の定番ショートケーキが好きな方はきっと好きだと思います♩



そして意外にビックリしたのが

お腹が空いて追加したクロワッサン。笑


ほのかな甘さと、外側はほどよくパリッとしていて
中身はホロホロな感じではなくもっちりしっかりしたタイプ。


見た目は形が、
てっぺんが剥げていたりショーケースに置いてある時点では実はあんまり期待していなかったのですが(ごめんなさい!笑)

予想外に美味しかったです!



店内2階のサロン・ド・テ
ナチュラルで可愛い椅子やテーブルが並んでいて

キッシュやお惣菜食べているいかにも会社員らしいムッシューなどもいらっしゃいました◎



窓際にあったソファの席。


オペラ座から歩いてすぐの場所にあるので、
小腹を満たしたり、観光のついでにもふらっと寄りやすいパティスリーだと思います♩



Casse-Noisette
35 Avenue de l'Opera
75002 Paris

営業時間
毎日 8:00〜20:00
定休なし


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

フランスでは定番、紅茶とアンフュージョン。

Bonjour コマメです :)


昨日の記事について、
アップした後に確認すると画像が全部同じものになったいたので訂正しました!汗


1つの画像だけ何回も表示されているというむっちゃ変な記事になっておりましたすみません。。(・・;)

それでもいいねくださった皆様ありがとうございます!!




今日は、お菓子やパンでなくお茶についてのお話を*


お茶といえば、紅茶や緑茶、麦茶、ほうじ茶など
いろんな種類がありますが

フランスではアンフュージョン(infusion)という種類のお茶があります。


最初アンフュージョンは日本でいうハーブティーみたいな感じかなー?と思っていたのですが、

ハーブを原料に抽出されたお茶はティザンヌ(tisanes)という呼び名が別にあります。



アンフュージョンにもハーブ類は使われたりするので、広い意味ではハーブティーでだいたい合ってると思うのですが、

ティザンヌと違い、
原料に果物が使われているのが大きな特徴かなと思います。


また茶葉は使われないので基本的に全部ノンカフェインです。


フランスではカフェのメニューやスーパーなどに当たり前にあるポピュラーな飲み物です♩



有名な紅茶店やスーパーで気軽に買えるメーカーもいろんなフレーバーのアンフュージョンを揃えているのですが、

スーパーで買える普段用として
小豆のお気に入りがこちら*



ELEPHANTのinfusion aromatiséeシリーズ!

わりとどこのスーパーでも見かけるのですが、比較的大きなスーパーに行かないと全種類はなかなか揃ってない印象です。




<スポンサーリンク>



今のところこのシリーズは写真の4種類があるのですが、
中でも小豆のお気に入りは


このシリーズはそれぞれの商品名も少し変わっていて、この赤は
"La Rhubarbe à Papa"
「パパへのルバーブ」と名前がつけられています♩


いちご、フランボワーズ、ルバーブがブレンドされていて
果物の自然な甘さのあとにルバーブのスッキリした後味で、むっちゃ美味しい♡


そして甘い優しい香りがすごく豊かで、
このお茶を入れるとアロマを炊いた位にしばらくお部屋中が良い香りになります◎



このシリーズは他にも

グレープフルーツ、レモン、マンダリンの黄色

"On n'est pas pressé"
「急いでないよ」


ブラックベリー、桃、バニラの青

"La Mûre de ma Vie"
「私の人生のブラックベリー


新しいフレーバー、
りんご、洋ナシ、イチジクの紫

"Pomme par magie"
「魔法によるりんご」

があります♩
(名前の訳は全部ただの直訳ですが、、、素敵な意訳が思いつかない泣)


どれもアロマ並みに素敵な香りが広がります。



日本にはあまり馴染みのないアンフュージョン

こちらはスーパーで手軽に買えるし(しかもひとつ2ユーロちょっと!)、
ノンカフェインで妊婦さんや子供がいる友達にも気兼ねなく渡せるので

私はよくお土産として重宝しています!



日本でいうハーブティーのtisanesにもまた小豆のお気に入りがあるので、
またそちらもいつか記事に書こうと思います*



それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

可愛いパティスリーの、実力派ヴィエノワズリー。

Bonjour コマメです :)


パリ観光で日本のガイドブックにまず名前があがるのが、

パリに3店舗サロン・ド・テを展開する


Laduréeだと思います。


お店もケーキも小物も全部可愛くて、
特にアジアから観光客に本当に人気のお店です*


以前こちら↓

でフレンチトーストのことを書いたのですが、

実はラデュレは、今でこそパティスリーとしてあまりに有名ですが
最初はブーランジェリーとして出発したお店なのです。



パリにある店舗にはどこにも、お菓子の横にパン売り場が必ず設けられています◎


スペースはケーキやマカロンに比べるとかなり小さめ。笑




こちらはcroissent aux amandes


表面のお砂糖のグラサージュがもうすでに甘そう、、!笑

中にも砕いたアーモンドと甘ーーいアーモンドクリームが入ってました。


パンというより完全にお菓子です。笑



そしてこちらはクグロフ。

生地はそこまで甘くなく、しっかり、ずっしりしています。


中に入っているレーズンはラム酒がけっこう効いてて、大人のお菓子♩




<スポンサーリンク>



そしてコマメが個人的にビックリしたのが

こちらのクロワッサン

先にいただいたヴィエノワズリー2種が、どちらもパンよりお菓子という印象が強かったので

定番クロワッサンはどんな感じなんかなー?と思ってたのですが


今までいただいた中でもトップレベルにサクッと繊細な食感。

中はもちもちもまではいかず、ふわっと柔らかい。。



クロワッサン自体に付加された甘さは全然ついてないので、お食事として食べられるパンでした。



ラデュレのケーキ類はどうしても
可愛いなーーー
という印象が先に来てしまうので、

パンの方が実力派な感じ、食べ応えありました、、!



ラデュレを訪れた際は、ぜひパン類にもチャレンジしてみてください♩




ラデュレ(シャンゼリゼ通り店)
75 avenue des Champs Elysees
75008 Paris

営業時間
サロン・ド・テ
月曜〜木曜 7:30〜23:30
金曜 7:30〜24:30
土曜 8:30〜24:30
日曜 8:30〜23:30

※祝日の前日は24:30まで、祝日は8:30からオープンしています。

◎ブティック
月曜〜金曜 7:30〜23:00
土曜 7:30〜24:00
日曜 7:30〜22:00


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

数々の受賞歴を誇る、日本でも人気のブーランジェリー。

Bonjour コマメです :)


先日こちらの記事↓

で紹介したマルティール通り。


その通りの中に店舗を構えるもう1つの有名なパン屋さん、

Maison Landemaine


2011年にフランスのグルメガイドブック「ピュドロ」でブーランジェリー・パティスリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、

2013年にはフィガロ紙でパリでもっとも美味しいクロワッサン(les meilleurs croissants de paris)の第3位に選ばれるなど
数々の受賞歴があるお店です。


マルティール通り以外にもパリ市内に11店舗、パリ近郊に2店舗を展開する人気店です*


さらにこちらオーナー、ランドゥメンヌさんの奥様が日本人ということもあり、
東京にも店舗があります。


1号店はrue de Clichyにあるクリシー店なのですが、私はマルティール通りのお店にお邪魔しました。



店内には360度ぐるぐる回りたくなるくらい(不審者)、美味しそうなパンに囲まれています。



道路に面した窓側には、オリーブやチーズを使ったもの、クルミが入ったものなど甘くないパンがたくさん◎


チーズケーキやベリーのクランブルケーキなども。

ケーキ屋さんのケーキとはまた違った美味しそうな魅力が溢れてます、、!




そしてレジ横にはどどーんとクロワッサンとパン・オ・ショコラが!

この数を見ても、人気なんやなぁというのがすぐわかります。





<スポンサーリンク>



この日はやっぱりまず定番のクロワッサンとパン・オ・ショコラを購入しました*

お腹空いてたのでパン・オ・ショコラはそのままパクリ。笑



記事も風味も、すっごいフワフワ!

サクッと軽くて、小麦やバターの香りもふんわり優しいです。


中のショコラも、ビターではなくミルクチョコレートで、ふんわりした生地にすごくマッチしてました。



そしてクロワッサンは次の日の朝ごはんに♩


こちらもさっくりふわっとしてるのですが、中はほどよくもっちり。

こんなクロワッサンから始まる1日、幸せすぎました。笑




Maison Landemaine(マルティール通り店)
26 rue des Martyrs
75009 Paris

営業時間
火曜~土曜日 7:00~20:30
日曜日  7:00~20:00
月曜定休



それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ

見た目もカラフルで楽しい、MOF受賞の実力派パティスリー

Bonjour コマメです :)


1997年にお店をオープンさせて以来、今ではパリに3店舗を展開するパティスリー

Arnaud Larher



私は見ていなかったのですが、マツコデラックスさんのテレビ番組でも取り上げられたり、
ネット通販で日本でも購入可能になっていたり

日本でも少しずつ話題になっているようです*



アルノー・ラエールさんは
パリの老舗パティスリーダロワイヨ
世界トップクラスの食のセレクトショップとして有名なフォション
世界のパティスリー界の頂点と言われるピエール・エルメなど

名だたるパティスリーで修行を積まれた経歴を持っています。


そして2007年にパティシエとしてMOFを受賞されている実力派、、!

(ちなみにMOFについて、詳しくは↓へ♩)


ケーキの他ショコラ、マカロンも大人気です。

こちらのお店は、
カラフルなケーキがどーーーんと並んでいて眺めるだけで楽しい♩


そんなケーキたちの中でも一際目を引く"Tong"シリーズ。

Tongとはビーチサンダルのこと。

見た目も名前も遊び心抜群*


ポップな色使いで目も楽しませてくれます。




<スポンサーリンク>



こちらは去年の夏にいただいたケーキたち。


Tongシリーズは夏限定で、味や見た目も毎年少しずつ変わるのですが、
どれもミントやハーブ類、柑橘系の果物などが使われているのが特徴。

爽やかでスッキリした甘さが美味しくて、
ボトムのバニラクッキーはサクサクで、小豆のお気に入りのシリーズです。



こちらは今年の誕生日に知人が用意してくださったもの♡

ダックワーズがサクホロで、酸味のある大きな苺とクリームとの相性が最高でした!



パリに3店舗あるアルノー・ラエールの店舗にはサロン・ド・テ併設のお店がなく、
食べ歩き好きとしてはちょっと残念、、!


日本にはまだ店舗はありませんが、
日本のサロン・ドゥ・ショコラに出品するなどじわじわ話題になっているようなので、いつか日本に進出したりするのかなー?と、
個人的に期待しております♩


ショコラの方は実はまだ食べたことがないので、今度はぜひボンボンショコラ、そしてマカロンも味見してみたいと個人的にとても狙っているお店です!笑



Arnaud Larher(モンマルトル店)
53 rue caulaincourt
75018 Paris

営業時間
火曜〜土曜 10:00〜19:30
日曜 10:00〜13:00
月曜定休


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ