<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

どっしり甘い存在感、ブルターニュ地方のヴィエノワズリーのパン屋さん

Bonjour コマメです :)


パリのど真ん中、観光でも人気でいつもたくさんの若者と観光客で活気のある地区、マレ。

そんなマレ地区に、ブルターニュ地方のヴィエノワズリーを扱うお店があります。


ルゲイ・ショック


変わった名前ですが、
マレ地区が観光の他にゲイが多くて有名な地区だから。

というのは名前の由来には関係ありません。笑
(マレ地区がゲイの方が多い有名な界隈なのは事実だったりします)



このパン屋さんのオーナーさんがルゲイさんという名字なんだそう◎


見た目はすごくポップな感じのお店です。





<スポンサーリンク>




ブルターニュ地方のヴィエノワズリーの代表といえば、
クイニーアマン


ブルターニュ地方の名産である有塩バターをタッッップリ使った、

めっちゃ美味しいけど女子的にはカロリー表示絶対見たくないお菓子パンです。笑


私もまずはここのクイニーアマンをお目当てにお店に伺ったのですが

なんとこの日は売り切れ


そんな遅い時間に行ったつもりじゃなかったんやけどなー。。

ツイてない、、!泣


でもまぁそれもせらびと言うことで、(切り替え早)

もう1つこのお店のヴィエノワズリーで気になっていた、
Viennoiserie d'amande
を購入。


このヴィエノワズリー・ダマンドは

クロワッサン生地にアーモンドクリームを挟みラム酒などを利かせたシロップに漬け込み、
お店によってはさらに上下にアーモンドクリームを被せたり、アーモンドスライスをトッピングしたり粉糖で飾ったり。


お店によって多少違いはありますが、クロワッサン生地とアーモンドクリームの組み合わせが美味しいお菓子パン。

もはやパンというより甘ーーいケーキみたいなお菓子です。


フランスのパン屋さんにはどこでも大抵ある定番商品◎

大抵クロワッサン・ダマンドという名前で置かれている方が多いです。


そしてルゲイ・ショックのヴィエノワズリー・ダマンドは

砂糖ーーーーー!


友達に、コレもうパンじゃなくて砂糖だよ、、!!って言われました。笑

もう本当に、砂糖とバターの塊みたいなお菓子です。



でもこんな風に砂糖とバターたっぷりドーーーン。って


間違いなく美味しいんやもん。泣


ハイカロリーな、罪な味。



特にこのルゲイ・ショックのヴィエノワズリー・ダマンドは、今まで食べた中でも1番くらい甘くてどっしりでした。

しかもブルターニュ地方の有塩バターを使っているから、甘いに隠れる絶妙な塩気が美味ししくて
どんどん食べ進めてしまいます。


まさに砂糖とバターどーーーーん。って感じだったにもか関わらず
一個ペロリとたべてしまいました。

恐ろしいお菓子、、!



あまーーーいどっしりとしたお菓子が食べたい気分の時には、ぜひ◎


Legay Choc
20 rue Ste Croix de la Bretonnerie 75004 Paris

営業時間
水曜〜月曜 8:00〜20:00
火曜定休

他パリ市内に2店舗


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀


<スポンサーリンク>