<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

三ツ星レストランのパティシエが開いた、パリ中心地のパン屋さん、パティスリー。

Bonjour コマメです :)


パリのほぼど真ん中、ポンピドゥセンターのすぐ裏にあるパン屋さん

Pain de sucre


以前はパン屋さんの方だけだったそうなのですが、
すぐ隣にパティスリーの店舗もオープンして現在は2店舗で営業されています。


こちらはのお店は有名な三ツ星レストラン、Pierre Gagniereのシェフパティシエだったお二人が、カップルでオープンしたお店だそう。



パン屋さんの店舗には、キッシュやお食事系のタルト、パイがずらり。


どれも目を見張るほど端正な見た目で、思わずうっとり。。

さすがは三ツ星レストラン出身のパティシエさんです。



<スポンサーリンク>




パイやキッシュ、リエットやスープなどお惣菜系が並ぶショーケースの奥にあるレジ周辺に、
バゲットやヴィエノワズリーなどパンが売られていました。


サンドイッチなどもたくさんあってどれにしようかむっちゃ迷ったのですが、、

やっぱりまずは定番クロワッサン


さっくりとした食感で、中もモチモチ感は少なく
フワッと軽い印象のクロワッサンでした。


そしてもう1つ、思わず購入したのが

このChausson aux pommes



ショソン・オ・ポムは煮詰めたリンゴをパイで包んだ、いわゆるアップルパイです。

フランスのパン屋さんではパン・オ・ショコラと並んでほぼ必ず置いてある定番ヴィエノワズリーの1つ◎


ショソン・オ・ポムのChaussonとはフランス語でスリッパの意味で、
形がスリッパの先端部分に似ているから名付けられたそうなのですが

Pain de sucreのショソン・オ・ポムは写真の通り

細長い、、!



こんな形のショソン・オ・ポムは初めて見ました。


本当はクロワッサンだけで帰ろうかなーと思ってたのですが
隣のムッシューがショソン・オ・ポムひとつ。って注文してこの形のパンが出てきたのを見て

ビックリして
あ、私もあれください。

って気づいたら思わず言ってました。笑



しかもこのショソン・オ・ポム、
中のリンゴも変わっていて、

普通はリンゴを煮詰めて果肉も残ったコンポートのような状態でパイ包みにされているのですが

こちらは完全なピューレになってました。


りんごのピューレは甘さ控えめでとても上品で、
パイは細長い分端っこの方までサックサク。

斬新でとても美味しいChausson aux pommesでした。



帰りにパティスリーの店舗をチラ見したら
これまた溜め息が出るほど美しいのケーキがずらり。。


パティスリーの店舗ではお店の前にいくつか机と椅子が並べてあってその場でいただくことも出来るので
パリの中心という立地的にも観光ついでの休憩にピッタリだと思います♩


Pain de sucre
14 rue Rambuteau
75001 Paris

営業時間
月曜、木曜、金曜 10:00〜20:00
日曜 10:00〜19:00
火曜、水曜定休

それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀




<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ

ブロトピ