<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

フランスで最も長い歴史を持つ紅茶ブランド、ダマン・フレール。

Bonjour コマメです :)


フランスで有名な紅茶ブランドといえば、
まず挙げられるのはマリアージュ・フレールだと思いますが

実はマリアージュ・フレールよりも古い歴史がある


DAMANN frère



1962年にルイ14世によりSieur Damame(スィウール・ダマン)氏がフランス国内外の紅茶の独占販売を許可されたことから歴史は始まり、
1825年にはダマン兄弟がバニラと紅茶の仲介業者だったDerode(ドゥロード)社を買収し、紅茶を専門とする会社としてインドネシアの首都バタヴィアに拠点を置きます。


その後マダガスカルやニューヨークに紅茶、スパイスの会社を広げ、
2008年にパリに最初のブティックをオープンさせました。


マリアージュ・フレールが小売なのに対し、
ダマン・フレールは主に高級ホテル、一流レストランへの卸しとして知られています。



そんなダマン・フレールの店舗は現在パリに3つあり、
本店はマレ地区、ヴォージュ広場のすぐそばにあります♩



マレ地区にある本店。

中にはマリアージュ・フレールの店舗同様、紅茶の缶がずらり◎



お店のど真ん中には缶がはめ込まれたディスプレイの机があり、
自分で蓋を開けて香りを確かめることも出来ます。





<スポンサーリンク>




ダマン・フレールはイギリスの紅茶をフランス人好みに改良し、
フレーバーティーを初めて作ったブランドともいわれています。


赤い缶のティザンヌ(ハーブティー)のシリーズ◎


数種類の味がセットになったギフト用や、季節ごとのフレーバーもたくさんあります*




友達からいただいた、
No.11 PAUL & VIRGINIE


紅茶にさくらんぼや木いちご、フランボワーズなどのフルーツ、バニラがブレンドされているフレーバー*

赤いベリー系の果実味がホワッと甘く香り、でもすっきりしていてくどくない、そんな上品な紅茶でした。



ダマン・フレールで1番有名なのはNo.1のGout Russe Douchkaだそうなのですが
私は残念ながら小豆はまだ飲んだことがありません。。泣


今度店舗に行く時は、ぜひNo.1のフレーバーを買ってみようと思います!



DAMANN frère
15 Place des Vosges
75004 Paris

営業時間
月曜〜金曜 11:00〜19:00
土曜、日曜 11:00〜20:00


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ