<スポンサーリンク>

小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。

パリ留学4年目、パンとスイーツ、食べる事が大好きな小豆による食べ歩きブログです◎

MOFショコラティエの、ブルターニュ菓子。

Bonjour コマメです :)


昨日こちらの記事↓
パリに20店舗以上、M.O.Fの称号を持つ、リーズナブルなショコラティエ。 - 小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。
でご紹介した




Maison George Larnicol


MOFのショコラティエであるジョージ・ラルニコルさんは、ブルターニュ地方出身ということで

お店にはショコラの他にブルターニュ地方のお菓子をたくさん扱っています。



ブルターニュ地方のお菓子といえば
まずはやっぱり

クイニーアマン


ブルターニュ地方のパン専門店のルゲイ・ショックでも、
まずスペシャリテはクイニーアマンでした。

↓(ルゲイ・ショックの記事はこちら*)
どっしり甘い存在感、ブルターニュ地方のヴィエノワズリーのパン屋さん - 小豆のせらび。 パリ在住パンとスイーツまにあの食べ歩き記。



クイニーアマンはそもそもブルトン語という、ブルターニュ地方でむかーーーし使われていた言語で

クイニー=お菓子、
アマン=バター
の意味だそうなのですが

ジョージ・ラルニコルでは大きなサイズのクイニーアマン、"kouign amann"と、小さなクイニーアマン、"kouignette"の2種類があります。


小さなクイニェットは、ショコラ同様量り売り◎

商品棚に置いてある箱、または袋に自分で入れて、
レジで重さをはかってもらってお会計です。





<スポンサーリンク>



クイニーアマン自体はブルターニュ地方の伝統的なお菓子ですが、
こちらに並ぶいろんな味の種類は、全部ラルニコルさんのオリジナル*

フランボワーズやピスターシュ、アーモンドなどいろいろありますが


おすすめは1番普通の
ナチュール


小豆は人から頂いたり自分で買ったりで
なんだかんだ全種類(多分)食べたことがあるのですが、

やっぱりナチュールが
ダントツ1番美味しい


ナチュールは1番手前◎

あとはアーモンドもけっこう好きでした♩


ルゲイ・ショックをご紹介させてもらった時に書いたように、

たーーーっぷりのバターと
たーーーーっぷりのお砂糖の

あまーーーいお菓子。笑


手に持つとお砂糖と油がベタッとついて
カロリーの高さを物語っています。笑


でもやっぱりその組み合わせは危険な美味しさなもので笑。

フランスに来たらぜひ食べてみてほしいお菓子の1つです!



あとちなみに
以前頂いたことがある、こちらのガレット・ブルトンヌもむっちゃ美味しかったのでオススメ*


レジ横にあった可愛いショコラを思わずパシャリ。

これは可愛いすぎて食べれない、、!笑


Maison George Larnicol(リヴォリ店)
14 rue de Rivoli
75004 Paris

営業時間
日曜〜木曜 10:30〜22:30
金曜 10:30〜23:30
土曜 10:30〜24:00


それでは
Bonne soirée!
小豆でした🍀



<スポンサーリンク>



ランキング参加しました!
\ぽちっと押していただけると嬉しいです♡/

パリランキングへ



グルメランキングへ


ブロトピ